マダムは旦那(ミスター)と、猫のチャクロと人間の息子殿とともに北アイルランドの田舎町でひっそり生きています。どうぞコメント欄に足跡を残していってくださいね。


by himadam
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アイルランドから来ました

スライゴー
知ってる人は知っている
アイルランドの田舎町
ガイドブックにも必ず載る人気の町

なぜかアメリカ人観光客が多かった
そんなスライゴーに行ったのはいつの事
遠い過去で思い出せません

が、しかし
思い出せる事実もあるんです

スライゴーの町に到着
本日の宿を探す事になりました
可愛らしい外見のホステルを発見
ここでいいよね
安いし

部屋には二段ベッドが一つ
暖炉が一つ
壁には草原に咲く花の絵

シャワー・トイレは室外です
居間、兼、食堂にはアメリカ人観光客がいっぱい
ほぼ満室ということでしょうか

事件はその夜起こりました
二段ベッドの上段で眠るマダム
と言っても、よく眠れません
うるさい訳でもなく、明るいわけでもないのに
どうも寝付けません

うとうと
ウトウト

フと目を開けると

あ、、、
これって、、、

金縛りっていうやつでしょうか?

初めての金縛り
脳裏に浮かぶのは
金縛りに関する各種情報

疲れているだけだったけ?
お経を唱えるといいとか?
指一本動けば勝ちだった?

そんなマダムの足元に
気配

うそ。。。二段ベッドだよ
どんなデカイ人が立ってるのかしら
見ちゃいけないと思いつつも
勝手に見てしまうんです

小さい
随分ちいさいな~

30センチくらいの少女
なぜか隣には牛を連れています
こ~わ~い~
こっちに来るな!こっちに来るな!!

うわーーーーー
近づいてくるよ~~~

どうしよう
ドキドキしていたその瞬間
目を閉じる事が出来ました

ぎゅっと目を閉じて
考える
もう1回見るべきか
朝まで目を閉じているべきか

そんな事を真剣に考えていたマダム
なぜか眠ってしまったようです
次に目を開けたときには朝でした

そんな経験をして数ヵ月後
場所は東京、新宿高島屋に移ります

当ても無くブラブラ歩いていると
1人の中年女性に声をかけられました
「なにか、悪い霊が一緒にいるようですよ」
という女性
「はい?ジイチャンなら憑いてますが?それがなにか?」

ジイチャンではないらしい
悪い霊なので、ジイチャンも困っているらしい
なんだ、このオバちゃん
さては怪しい宗教の勧誘だな

ぜんぜん聞く耳を持たないマダムに
女性はこう言いました
「信頼できるお寺さんなどに行って、御祓いしてもらいなさい」

そうなると話は違う
勧誘じゃないの~?
本当に何か憑いてるんですか??

だが、女性はもうどこかへ行ってしまった

思い当たる節は
スライゴーの少女
はるかアイルランドから憑いてきちゃいましたか
悪い霊じゃなければ別に良いけど
あの女性、悪い霊って言ってたな。。。

ジイチャンに会いに行こう
お寺の坊さんに話も聞いてもらおう

坊さんの言う事には
「オジイチャンの墓参りをすれば大丈夫」
「お払いしたければ紹介するけど、高いよ」
「私は墓参りを信じますね」
とのこと

出来るだけ頻繁に
お墓参りしましょうね
きっとジイチャンが守ってくれるから

8月の里帰りスケジュール
お墓参り、追加
これからも守ってね、ジイチャン!

f0057757_383060.gif人気blogランキングへ←1日1回ポチッとしてください
[PR]
by himadam | 2006-06-26 19:30 | ノンキ