マダムは旦那(ミスター)と、猫のチャクロと人間の息子殿とともに北アイルランドの田舎町でひっそり生きています。どうぞコメント欄に足跡を残していってくださいね。


by himadam
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

やはりアドバイスは抜群

さて、次の目的地
西の都会・ウエストポートに向かいます

評判の良い
人気の街だそうですよ

途中、貧乏キャンプ家族らしく
どこぞの公園で自炊
食後に公園を散策してみると

f0057757_4104177.jpg


立派なお屋敷があったり
温室植物園や
広大な庭、博物館などの
立派な施設でございました

こんな所で自炊してよかったのだろうか
しかも、カレー臭プンプン

気を取り直して
向かったウェストポート
確かに賑わっています

しかし
あまり魅力を感じません

人が多くて
車が多くて
わんぱく大臣を連れて
絶対楽しめないこと確実
だからです

そこで思い出した
北アイルランドの名奉行
アドバイスはいつも抜群の
某スミさんのありがたいお言葉

小さいキャンプ場のほうがいいよ~
都会のキャンプ場は避けたほうが良いよ~~

そこで
さらに足を伸ばして
スミさんお勧めのクリフデンという街に行く事にした

街に入る前に
キャンプ場の看板を発見
とりあえず行ってみる

小規模で
設備も良い
従業員も爽やかだ
それに、静かだなぁ~

山奥にあるのに
海も近い
そのキャンプ場は
前回の物とは違って
家族連れがほとんどいません

ヨーロッパ各地を中心とした国々の
若いややヒッピーな感じの人々がキャンプしています

ウチだけ子連れか。。。
うるさいとか言われたら嫌だなぁ
などと思いながら
この日の反省点

イカシたキャンプ場に
赤子を連れ込むのは無謀

前回のキャンプ場と違って
落ち着いた感じのここで
夕刻に響き渡る叫び声は
我が子と、その両親(ミスターとマダム)だけ

ちょっと恥ずかしいです
そして、なんだか申し訳ない気持ちになります

そんな訳で
サッサと寝てしまうことにしたんですが
あまりに静かなので
羊の鳴き声がうるさくて。。。。

やっと眠りかけたと思ったら
子供のいない皆さん
夜はやっぱり飲みに出掛けるんですね

出掛けるという事は
その後に、酔っ払って帰ってくるんですね
あんなに静かだったキャンプ場
深夜はうるさいです

そうだなぁ
子がいなかったら、こういうのも楽しいだろうなぁ

でも、さすが小規模なキャンプ場
酔っ払いの数も少数なので
ほんの数十分でまた静かな夜
羊の鳴き声も冴えてきましたね

この夜は霧が濃く
朝になってみると
テントが重~く垂れ下がるほど湿っていました

そのせいか
大臣の胸がゼェゼェいっちゃってるよ
この様子では
今夜はキャンプできないねぇ

予定ではアラン島に行くんだっけ?
どうせ船に乗るとき荷物になるし
テントは持たないでホテルでも泊まれば良いじゃん

なんていいつつ
少しテントが乾くのを待ってからたたみ
船の時刻表を見てみると

1時出港

間に合うかねぇ?
とりあえず行ってみる?

車を走らせる事数十分

あ、クリフデンの街
見物してないじゃん
なんかさ、船もまにあわなそうだし
引き返そうよ

と、引き返す途中で通りすがったとある町
ラウンドストーン
数件のレストランの店先に輝く
シーフードの文字に魅せられ
急停車

何故だかここが気に入ってしまった一行
この日はクリフデンにも戻らず
アラン島にも行かず
この街に泊まる事になるのでした

町の目玉産業
アイルランドの太鼓を作っている工場兼お店
ここでウルサイと怒られながらも
選んだ太鼓がこれです

f0057757_4385556.jpg


そういえば、そのときは疲れていたせいか
お店の人にうるさいと言われて
スミマセンなんて小さくなっていましたが
今思い出したら頭にくるなぁ

太鼓屋のくせに
うるさいって、何様よ!
だったら太鼓なんて店に置くんじゃないわよ
プンプン

買ってきた太鼓
本当にうるさいんですけどね
[PR]
by himadam | 2008-07-22 04:41 | 田舎脱出